shutterstock_308972018

「睡眠サプリを買いたいけど、どんな成分が入っていればいいんだろう。。?」

 

熟睡するために必要な成分とは?

stocksnap_hzw0gxotww

睡眠の質を高めるにはメラトニンや、セロトニン、コルチゾール、成長ホルモンなど、睡眠を助ける物質の分泌を促す成分を摂取する必要があります。

 

睡眠サプリをオススメする第一の理由は、睡眠に必要な栄養成分を総合で摂取できるところです。

 

例えばAの成分を効率よく吸収するには、Aを分解、吸収を補助する役割のあるBが必要になってきます。つまり、A成分ばかりを摂取していても、非常に効率が悪くいのです。

睡眠サプリを選ぶ際にはまず、以下の成分がしっかりと配合されているか確認してみましょう!

 

トリプトファン

herbs-631570_640

睡眠の質を高めるには「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンの分泌を充実させましょう!

そんなそんなメラトニンの材料は乳製品、バナナや赤み肉に含まれる「トリプトファン」

人気サプリではまず、間違いなく配合されている成分です^^

⇒ 睡眠ホルモンの材料  「トリプトファン 」 って?

 

ビタミンB6・B12

sardines-1489626_640

ビタミンB6・B12は脳内に多く存在するため別名「神経ビタミン」。

これらが減ると、うつや不眠の大きな原因になることが輪k者っており、実際に精神科の患者のほとんどごこのビタミンB12不足だといいます。

 

さらに、先にお伝えしたメラトニンはトリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニンという工程で変化しますが、ビタミンB6・B12はセロトニンを生産の補助をしている重要成分であり、いくらメラトニンの材料トリプトファンを摂取しても、ビタミンB6・B12が不足していては意味がありません。

 

実はこのビタミンB6・B12までしっかりと配合している睡眠サプリはあまり多くありません。

⇒ ビタミンB6・B12って ? 

クアンソウ

sea-1282233_640

沖縄で昔から生活にとけこんできた一般的な伝統野菜に「クアンソウ」というものがありあります。古くから沖縄では花は酢の物、茎は煎じてお茶に、葉は鶏肉と一緒に煮込んだりと、食用として用いられていてきました。そんな中でも特に、睡眠に効果があるとされ、イライラしたときや眠れない時、気持ちが落ち込んでいるときに積極的にクアンソウ茶などが飲まれてきました。

琉球大学の実験ではクアンソウを与えたマウスの熟睡時間が1.5倍増えたとしており、これはクアンソウがもつアミノ酸の一種「イキシピナタニン」が大きな影響を与えているようです。現在、その高い休息成分が注目され、多くの睡眠サプリに配合されています。

⇒ クアンソウって?

ギャバ(GABA)

stocksnap_tu3khcs4zc

GABAは体内で合成される非必須アミノ酸です。最初にご紹介したトリプトファンと違い体内に存在しているため、必ずしも積極的に摂取する必要はありませんが、現代のようなストレス社会ではGABAを大量に消費してしまいがち。サプリメントで上手に補っていきましょう。

さて、このGABAには脳の穏やかに鎮める働きがあり、脳を興奮させるヒスタミンを鎮めることで眠気を発生させます。

コーヒーを飲むと眠れなくなりますよね?

実はこれもGABAが大きく関係しており、一時的に脳内でGABAが増える段階をブロックすることで眠れなくなるのです。GABAは伝達した先の神経を鎮める効果があるため、睡眠の質を高めるサプリメントにはかかせません。

⇒ GABAって?

 

ラフマ

agriculture-1807574_640

ラフマは主に中国北部に自生するハーブの一種。咳止め効果に加え高いリラックス効果を持っています。

ラフマが自生する地域に住む人々は昔からラフマをお茶や布にして利用しており、その地域では病気が少ないことが知られています。

薬の相互性も無く、喘息もちのお子さんにも安心して使えるリラックスハーブです。

⇒ ラフマって?

まとめ

 

まずは、