コーヒーを飲む女性のイメージ

カフェインを摂ると眠れないから夜はデカフェを飲んでるよ!

スタバのデカフェは美味しく、しかもノンカフェインですから、夜でも安心して注文する方も多いのではないでしょうか^^

 

でも、ちょっと待って !!

実は コーヒー で眠れなくなる原因はカフェインだけじゃない んです!

 

「 ノンカフェインのはずなのに、眠りが浅い気がする … 」

それ、デカフェが原因かもしれませんよ?

今回は不眠体質必見!実はデカフェにも含まれている不眠成分について。

 

 

夜に眠れないのはデカフェが原因かも!?

スターバックスコーヒーのイメージ
眠れない原因はカフェインだけじゃなかった!

夜にコーヒーを飲んだら寝つきが悪くなることは皆さんご存知ですよね。

その主な原因はコーヒーに含まれるカフェインによるもの。不眠成分としてはカフェインが最も強力な為、他の成分についてはあまりクローズアップされていません。しかし、コーヒー に含まれる不眠成分は全部で3種類存在している のです。

 

まずはカフェイン、そして今回の主役であるテオブミンとテオフィリン。これら二つはカフェインに似た覚醒作用を持つ成分です。

つまりデカフェのような カフェインレスコーヒーはカフェインこそ取り除かれていますが、残りの2つの不眠成分はしっかりと残留している のですね。

 

「 デカフェ飲んでるのに眠りが浅い気がする… 」

その原因はココにあったのかも。

不眠成分① テオブミン

テオブミンはカフェインの仲間で、心拍の増加や利尿作用、血管拡張など、基本的にカフェインと同じような働きがあります。

覚醒作用でいえばカフェインがダントツですが、このテオブミンも同様の作用があることから、もちろん夜の摂取は好ましくない成分です。

不眠成分② テオフィリン

テオフィリンもカフェインと同じアルカロイドの仲間で心拍の増加や、血圧を上昇させます。これは正しい睡眠と全く逆の作用です。

また、カフェインが眠気を防ぐ理由は睡眠を発生させるアデノシンの活動をブロックすることで起こるのですが、このテオフィリンも同様にアデノシン作用を遮断する作用があるため、当然、健康的な睡眠を妨げてしまいます。

美味しいデカフェを健康的に楽しもう!

コーヒーのイメージ

もともとコーヒーに含まれる不眠成分テオブミン、テオフィリンはカフェインに比べたらわずかなものですから、デカフェを飲みすぎることがなければ大丈夫。

まずは、カフェインレスであっても量を飲みすぎないこと。そして飲んでも夕方までにしてみることで、睡眠に影響を与えることはなさそうです。

まとめ

コーヒーのイメージ

みんなと同じ時刻にコーヒーを飲んだのに、自分だけ眠れない …。

それはカフェインを代謝するスピードに個人差があるからです。

同様に、デカフェに含まれる2種類の不眠成分が与える影響もみな同じではありません。

私は不眠体質なので、夜はデカフェも避けています。

もし、眠りの浅さや、寝つきの悪さに悩んでいるのなら一度デカフェをやめてみませんか?

それこそグッスリ快眠できる近道なのかも^^