Fotolia_83170518_XS

眠れない時に 羊を数える効果 って本当にあるの?

ぶっちゃけ、この不眠対策が有効なのは 英語圏 に住む人だけで 日本人 には効果が無いかも …。

今回は「羊が一匹 … 羊が二匹… 」の効果についてのお話。

 

 

本当に「羊を数える」と眠れるのか?

Sad depressed woman sitting in her bed late at night, she is pensive and suffering from insomnia

「 シープ 」じゃないと意味ないの !?

眠れない時に “ 羊を数える “ という文化はイギリスが発祥の地だと言われています。なぜ羊なのかは諸説ありますが、有名なところでは、眠れない人が「 Sleep…Sleep…(眠る.)」と唱えていたところ段々と眠くなり口が回らなくなったことで「 Sheep…Sheep…(羊)」になってしまったことが始まりと言われています。

 

あまりに有名な不眠対処法なので、アナタも羊を数えたことがあるかもしれませんね。しかし、実はこの方法は、英語圏でないと効果が無い可能性が非常に高いのです!

 

英語の「Sheep(羊)」で眠れるのには以下のような理由があります。

  • 英語で「Sheep(羊)」の発音は強い呼吸で発声するため、腹式呼吸となり、リラックス効果が高まる。
  • 「Sheep(羊)」は「Sleep(眠り)」に近いので ” 入眠 ” への催眠効果がある。
  • 単調作業でアルファー派がでるため脳が「ボー…」っとしてくる

 

日本語である「 ヒツジ 」の場合は単純作業で、アルファー派を高めることはできますが、最も重要な部分である「 1. 腹式呼吸によるリラックス効果 」「 2. sleep(睡眠)を唱えることによる催眠効果 」を得ることがことができないため、それほど効果が高いとは言えないのだそうです。

本当に眠れるのは「羊」か「腹式呼吸」か?

Smiling girl in mask sleeping with eyes closed

日本人は「 腹式呼吸 」の方が効果的かも!

2012年に広島国際大学の田中秀樹教授は「 “羊” と “腹式呼吸” ではどちらの方が睡眠効果が高いのか 」という実験を行っています。

 

結果、 “羊” を数えたグループが睡眠の第一段階(うとうと状態)に入るまでの時間が 14分4秒 なのに対して、”腹式呼吸” を行ったグループは 9分32秒 と5分近く短縮されるという結果を確認しました。

さらに、20分中に3分以上睡眠が継続した被験者も羊を数えた場合の5人に比べ腹式呼吸では9人と 約2倍の効果 が認められました。

これはスゴイですね!

 

この結果により田中秀樹教授は以下のように伝えています。

「英語なら『シープ』という発音を繰り返せば自然に腹式呼吸になることもあるが、日本語の『ひつじ』だとそうはならない。日本人には単調な雨音やせせらぎ、電車に揺られる音を聞く方が果的ではないか。」

まとめ

dog-1910381_640

これからの日本人は “ 羊を数える ” のではなく “ 複式呼吸 ” これジョーシキ!

もしアナタが、英語に慣れ親しんでいるのであれば「SHEEP(羊)」の不眠対策は全然オッケー!

ではでは、最後まで読んでいただき本当にありがとうございました^^