seashells-1082002_640

「クアンソウ」って知っていますか?

一般的にあまり聞き馴染みがないかもしれませんね。でも、このクアンソウ、沖縄では昔からあまりにも一般的で普段から煮物や天ぷらとして親しまれている伝統野菜なんです。

近年ではこのクアンソウに含まれる成分に高いリラックス効果があるとされ、睡眠の分野で非常に注目をあびています。

その効果は不眠改善に効果があるとされるグリシンの100倍以上とも!??今回はそんなクアンソウが秘めるスゴイ効果を分かりやすく3つのポイントで紹介していきます。

クアンソウって?

sunset-815270_640

クアンソウは沖縄で長く親しまれる伝統野菜。ユリ科では珍しく秋に花を付けることから和名は「アキノワスレグサ」または沖縄の方言では「ニーブイ(眠い)グサ」と言われ、イライラしているとき、眠れない時の対策として用いられてきました。

 

オレンジの華やかな花が特徴で、かつて貿易で栄えた王朝政府は中国の客人に贅をつくした食事を振るまい、その中にはこの華やかなオレンジが特徴のクアンソウの天ぷらなどがあったようです。この時代から睡眠効果のある薬としても使われていました。

クアンソウの効果

sunset-1684818_640

近年では琉球大学がクアンソウからリラックス成分「オキシピナニン」を発見。これは海外の薬用植物に含まれる特殊なアミノ酸で安眠に高い効果があるとして多くの睡眠サプリメントにクアンソウの粉末やエキスが配合されています。

 

2013年、オキシピナニンの安定的な抽出に世界で始めて成功した株式会社クレイの資料によると、オキシピナニンを投与したマウスはノンレム睡眠が40分増加したとあります。人間の睡眠には深い眠り(レム睡眠)と浅い眠り(ノンレム睡眠)があり、このノンレム状態は睡眠の質が悪い人にとってどうしても目を覚ましてしまう魔の周期。このノンレム状態をサポートしてくれるというのは睡眠の質を高める上で非常に心強いですね。

抽出したオキシピナタニ ンの機能解析を行ったところ、マウスやラットにおいてグリシンの 100 倍以上の睡眠誘発効果 を示し、また睡眠導入薬として服用されるベンゾジアゼピン系薬物のように睡眠中に異常な脳 波を示すことが無いことが明らかになり、極めて自然な睡眠を誘発する物質であることが証明 されました。

引用: ストレス解消・鎮静成分 オキシピナニン

グリシンとは、睡眠の質を高める成分として、多くの睡眠サプリに使われるリラックス成分。一般低に、睡眠の改善や抗うつ作用があるとされますが、その100倍以上の睡眠誘発効果とはスゴイですよね。クアンソウが多くの睡眠サプリに含まれる理由もうなずけます。

>> グリシンの安眠効果

クアンソウに副作用はあるのか?

beach-1364868_640

過去2013年までで100人以上で実験をしても特に副作用、依存性も認められていません。現状、人間の消化器官のなかでもどの部位で吸収されているのかは分かっておらず、この結果から、肝臓、胃、腸など、一部の臓器に負担を掛けることなく、摂取可能なため、非常に穏やかな効き目で優しい成分だといえるでしょう。

クアンソウを手軽に試してみるには?

fruit-jelly-539695_640

沖縄では、ネギのような束で売られる一般的な野菜。でも多くの方にとってはまず見たこともないですよね。そんな私たちが最も手軽にクアンソウの効果を試してみるのなら「クアンソウ茶」または、クアンソウが配合された「睡眠サプリ」なんかが最も手軽です。

 

クアンソウ茶の場合は睡眠前にハーブティーとして(軽くしょうがをスリ入れればより効果的)飲めば身体も温まりグッスリ休めます^^薬ではなく、穏やかな効果が特徴です。気長に試してみましょうね^^