Woman has headache migraine on white background

「 不眠改善にいろいろ試したけど、ぐっすり眠れない… 」

そんなときは東洋医学に代表さるツボ押し効果で リラックスできる 身体を目指してみるのはいかがですか?

今回は仕事で心身共に弱っているアナタに是非オススメしたい『 快眠のツボ 』をご紹介していきます。

 

不眠に「ツボ押し」は効果ある?

mandala-2113920_640

「 ツボを押したぐらいで本当に眠れるの?キモチの問題でしょ? 」

いやいや、実はスゴイ効果があるんですよ! では最初にツボがどのように心身に影響を与えるのかを考えていきましょう。

まず、私たちが「ツボ」と呼ぶもの。それは鍼灸師などの専門家には、エネルギーが溜まる場「 経穴(けいけつ)」と呼ばれています。 東洋医学ではカラダには ” ” が存在するという前提のもと、全身にエネルギーが循環していると考えます。

 

この エネルギーの通り道は「経絡 (けいらく)」と呼ばれ、” 良い気 ”や ” 悪い気 ”  全て のエネルギーが立ち寄る大きな駅が一般的に「 ツボ 」と呼ばれる 経穴(けいけつ) です。

東洋医学においてカラダの不調は内臓から来るものとされ、その悪いエネルギーは経絡を通して表面の経穴にも現れます。ですから「 ツボを押す 」ということは「 外から悪い気を正し、内面に働きかける 」遠隔的な治療法とも呼べるかもしれませんね。

 

現在はWHOもツボ押しにおける医学的効果を認めています。事実、イタリアにあるサン・ジェラルド病院では不眠を訴える患者全員に2週間のツボ押しマッサージを実施したところ、全体の60%の睡眠の質が改善ガン患者に限れば79%という高い確率で不眠が解消されたようです。 強いストレスや恐怖が緩和された結果なのかもしれませんね。

「 最近、なかなか寝付けないんだよな… 」こんな方は入浴時に是非、安眠のツボを押してリラックスしてみましょう。普段よりも寝つきが良くなること請け合いです^^

百会(ひゃくえ)|「リラックスしたい」と感じたら

WS000020

百会は「百の数、数多くの気(血液)が出会う処」を意味し、体中の血液が通過するツボです。血行を増進し、生命のエネルギーを高めます。リラックス効果はもちろん、半身不随などの重度な症状も和らげるとされる代表的な癒しのツボです。

 

  • 主な効果 …… 自律神経の正常化、リラックス、不眠改善、抜け毛、二日酔い、耳鳴り、立ちくらみ など
  • ツボの位置 … 鼻筋からまっすぐ上に上がり頭の丁度てっぺんに位置します。
  • 押し方 …….. 20回を目安にゆっくり、やさしく押しましょう。

天柱(てんちゅう)|「肩こり」で眠れない時に 

頭つぼ

PC作業やデスクワークをされている方で肩が張って眠れない時は天柱(てんちゅう)を押してみましょう。肩の筋から来る目の疲労を解消に加え、自律神経を正常化し、高ぶった神経を鎮めます。

 

  • 主な効果 …… ストレス緩和、疲れ目、肝臓機能、自律神経、抜け毛、肩こりの解消 など
  • ツボの位置 … 髪の生え際あたり、2本の筋の外側にある窪みに位置します。
  • 押し方 ……… 大きく深呼吸しながら痛くない程度にゆっくり「グ~」と5、6回押し込みます。

盆の窪(ぼんのくぼ)|「仕事の疲れ」 で眠れない時に

頭つぼ3

首の中心である盆の窪(ぼんのくぼ)は脳からカラダ全身につながるエネルギーの通り道です。医学的にもこの部分のつまりは脳梗塞などの脳疾患を招きやすいとされています。普段スマホを何時間も利用したりしていて脳疲労や首のコリを感じたら是非試してみましょう。盆の窪には「瘂門(あもん)」と呼ばれる不眠改善のツボもありますから、疲れて過ぎて眠れないときにもオススメです。

 

  • 主な効果 …… 安眠、眼精疲労、後頭痛、鼻血 など
  • ツボの位置 … 首中央の髪の毛の生え際から、少し上がった窪みに位置します。
  • 押し方 ……… 大きく深呼吸しながら、痛くない程度に2~3回ゆっくり「グ~」と押し込みます。

壇中(だんちゅう)|妻の「育児ストレス」に

胸つぼ1

壇中(だんちゅう)は心身のストレスを癒やす代表的なツボです。押したときの痛みを感じるほど心身のストレスレベルが高まっている状態です。男性にも効果的ですが、女性の場合は女性ホルモンの分泌を促し、美肌効果やバストアップ効果、生理痛の緩和など、嬉しい効果がいっぱい。是非、奥さんに是非教えてくださいね。

 

  • 主な効果 …… イライラ、自律神経の改善、不安、ストレス、喉の痛み、母乳貧血症の緩和 など
  • ツボの位置 … 両乳首を線で結んだ胸の中央に位置します。
  • 押し方 ……… やや強く、気持ちの良い程度でゆっくり5回程度押し込みます。

内関(ないかん)|ストレスによる「酒の飲みすぎ」に

内関

内関(ないかん)はその名のとおり「内(内臓系)」の不調に効果を発揮します。食べすぎ、飲みすぎによる胃や胸の不快感はもちろん、ストレスによる胃のムカつきや下痢などにも効果があります。「最近、ストレスで食欲が無いな…」こんな方に是非オススメしたいツボです。

 

  • 主な効果 …… 精神疲労、イライラ、吐き気、胃痛、二日酔い、食欲不振の改善 など
  • ツボの場所 … 手首のシワから3本分下がり、2本の筋の間に位置します。
  • 押し方 ……… 筋の間に指一本で4~5回ゆっくりと「グ~」と押し込みましょう。

神門(しんもん)|うつに利く「心」のツボ 

神門

「 神の門 」であるこのツボは「 心 」の中心に経路を開く効果があるとされます。イラつきや心が高ぶって眠れない時に是非オススメしたいツボです。

 

  • 主な効果 ……. うつ、自律神経、不眠の改善、リラックス効果 など
  • ツボの位置 …  一番外側から1つ目の脹らみを上まで辿ると「Y」を横向きにしたようになっており、その窪みに位置しています。
  • 押し方 ………. 指でもかまいませんが、めん棒た爪楊枝の逆で刺激すると効果的です。痛くない程度に2~3回ゆっくりと「グ~…」と押し込みます。

湧泉(ゆうせん)|湧き出る「元気」が欲しい時に

足つぼ3

「 湧き上がる泉 」である湧泉(ゆうせん)は気分の落ち込みはもちろん、筋肉疲労を解消し、気力や体力も復活させてくれる万能のツボ。心身共に疲労した1日の終わりに是非試してみましょう。

 

  • 主な効果 …… 精神疲労、筋肉疲労の改善 など
  • ツボの場所 … 中央部から上がっていき親指側、小指側の膨らみがぶつかり合った中央の窪みに位置します。
  • 押し方 ……… 親指の先を使い強い指圧で4~5回程度ゆっくりと「グググ..」と押し込みます。

失眠(しつみん)|「睡眠」のツボ

足つぼ2

失眠(しつみん)は中国では「 不眠 」を意味し、「 眠りを失った時に効果ある経絡 」とされています。高ぶる神経を押さえ、精神の安定を与えてくれます。なお、妊娠中はタブーのツボとされていますからその一点だけ注意しましょう。

 

  • 主な効果 …… 不眠の改善、血流の改善、むくみ、生殖機能の改善 など
  • ツボの場所 … カカトの中央に位置します。
  • 押し方 ……… 親指を使いゆっくりと強く4~5回押し込みます。

行間(こうかん)|「イライラ」に効く 

足つぼ1

イライラを押さえ、高ぶる精神を安定に導きます。不眠に対して非常に効果の高い癒しのツボです。

 

  • 主な効果 …… 不眠の改善、リラックス、ストレスの緩和 など
  • ツボの位置 … 足の親指と人差し指の付け根の窪みに位置します。
  • 押し方 ……… 気持ちよく感じる程度。息を吐きながらゆっくりと5~6回ほど押し込みます。

太谿(たいけい)|生命の「気」を高める 

足ツボ5

太渓(たいけい)は「 太い渓流(けいりゅう) 」を意味します。生命力を高めるツボで心身の疲労はもちろん、生殖機能や老化予防などにも効果的。

 

  • 主な効果 …… リラックス、精神疲労の緩和、アンチエイジング、生殖機能の改善、下半身の冷えの解消 など
  • ツボの場所 … 右くるぶしの後ろの少し下あたり。アキレス腱との境の窪みに位置します。
  • 押し方 ……… やさしい指圧でゆっくりと2~3回揉み込みます。

まとめ

hands-600497_640

「 仕事でヘトヘトなのに何故か眠れない… 」

こんな時は日中のストレスを就寝時まで持ち込んでしまうことでしまい神経が高ぶっている過緊張と呼ばれる状況です。
>> ヘトヘトなのに眠れない『過緊張』の原因ってなに!?

こんな時には今回紹介したリラックスのツボを押してみましょう。次第に神経が穏やかになることを感じるはず。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。参考になれば幸いです^^