education and school concept - little student girl studying and reading books at school

同期のアイツとは同じ時間に帰宅してるのに、どんどんスキルアップしている…。 そんな時間がどこに…?

人は皆等しく24時間が与えられていますが、「朝」と「夜」の脳機能を意識した勉強は、物事の習得に 雲泥の差 をつける結果になるようです。

その理由とは?

今回は、学習効率に置いて絶対に意識したい朝と夜の脳機能のお話。

 

 

早朝は『 勉強 & 復習 』のゴールデンタイムだった!

barley-field-1684052_640

自分は夜型だから、いつも夜に勉強しているよ。

それでホントに大丈夫?
結果が出るのが早い「 あの人 」は朝をこんな風に考えているのかも。

1. 勉強に集中したいなら「朝」じゃない?

1日分の意志力や集中力には 限りがある ということを知っていましたか?

この集中力の源は脳の前頭葉にて生み出されており、近年では ウィル・パワー と呼ばれ、注目を集めています。

学習は集中して行うからこそ意味がありますが、夜になるとこのウィル・パワーのほとんどを消耗してしまっているので、あまり集中力が高くありません。

どうやら が最も勉強に集中できる時間帯であることは間違いなさそうです。

その理由は主に以下の2点。

世界的な成功者が毎日『同じ服』を着る理由

work-clothes-141277_640

APPLEの創業者、故スティーブ・ジョブスがISSEY MIYAKEの タートルネックを毎日着ていた ことは有名ですね。

ジョブス氏が黒のタートルネックを着続けた理由は、「 毎日の服を制服化したら便利 だし、自分のスタイルを伝えられる」というキャラクター設定の理由もあったのだとか。

また、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは「 何を食べるか?何を着るかなどの 小さな決断 でも、エネルギーを消費してしまう」と語っています。

そう、ウィル・パワーは日々の小さな選択により、消費されていくことがわかっています。

起きたばかりの朝に比べ夜は1日多くの選択を繰り返しています。朝、夜、どちらのほうが エネルギー残量 が多いかは明白ですね。

『1日ゴロゴロ』していても脳は疲れてしまう

adorable-1866530_640

さらに脳はカラダの体重の2%という小さな臓器ながら、カラダ全体の20%のエネルギーを消費する超大食漢 

しかも、そのエネルギーの大半は思考とは関係ない回路(DMN:デフォルトモードネットワーク)に消費しており、言うならば「 ボケ~ 」とソファに寝転がっている状態でもアイドリングのように エネルギーを消費し続ける のです。

どんな対策をとっても、夜の脳疲労は避けることできなそうですね。

2. 朝は『頭の回転が速い』

早朝は無駄な情報が削除され、脳がもっとも効率よく働く、まさに脳が 最適化 された状態です。

そんな脳の学習効果は「 朝の1時間 は 夜の2~3時間 に匹敵する 」と言われるほど。

 

お酒を飲んだ後は「 ボ~ 」としますから、勉強なんてヤル気にならないし、非効率であることは明らかですよね。

しかし、 夜 の脳機能は酒を飲んでいなくても「ほろ酔い程度まで低下しているのだと言います。

それは、血中のアルコールで濃度で言えば0.05%程度。これは通常時に比べた 交通事故の確立が2倍に跳ね上がる数字 です。

 

いかがでしょう?
朝と夜、どちらのほうが脳の機能をフルに利用できるのか一目瞭然じゃないですか?
>> 朝活の素晴らしい効果

夜中の勉強は非効率だが『復習』だけは重要

witchs-house-1635770_640
脳は『寝る直前の情報』を記憶しようとする?

前述したように、  は意思力・集中力の源であるウィル・パワーが 枯渇している状態のため、集中して勉強 するには向かない時間帯です。

ですから、基本的には頑張って勉強するような状況は避け、気軽に復習 をこなすようにすることがオススメ。

 

特に就寝直前の情報は脳が 記憶しようとする メカニズムが働きますので寝る前の復習は絶対に忘れないよう意識しましょう。

この時の 注意点 として、復習と就寝の間に 別の情報 を挟まないこと。

就寝前の情報は睡眠中の脳波であるデルタ波によって何度も反復学習され自動的に記憶に残りやすくなるわけですが、最後にSNSなどをチェックするとその『最後の情報』が記憶される結果となり、非常にもったいないんです。

復習しながら眠くなったら すぐに眠る ということを必ず守りましょう。

「デキる」あの人が実践する『効率的』な勉強のやり方って?

dog-624952_640

1. 習得スピードは『復習の仕方』で決まる!?

「 頑張って勉強しているけど、復習はあまり意識してない 。」

こういった人は一度、『 復習の仕方 』も意識してみたほうが良いかも。

アナタは「エビングハウスの忘却曲線」をご存知でしょうか?

これは脳の忘却率をグラフ化したもので、これを知ると、人の脳は想像以上に「忘れっぽい」ことが理解できます。

是非、勉強の効率を高めるためにも復習の タイミング を逃さないように意識しましょう。
>> 「エビングハウスの忘却曲線」が『大人の勉強法』のキモだった!

2.『朝シャワー』に頭を良くする効果が !?

これまで、朝は、集中力が高く、また脳の機能も最も高まっている状態であるということをお伝えしてきました。

しかし一方である専門家らは、朝は脳の温度が高まっていないため「ある事」をしないと、思うほどの効果は期待できないとも言っています。

思考力や身体的名パフォーマンスは 体温の上昇 と共に高まりますが、睡眠中は深部温度(内臓温度)が低下させているため、朝イチ は脳機能が高まりづらいのです。

 

ではその「ある事」とは?

それが 朝一番の 熱いシャワー
これは決してお湯の温度で深部体温を温めているわけではなく、興奮時に優位になる 交感神経 を刺激することで、深部体温を急激に高め、覚醒に スイッチ を入れるのです。
>> 『朝シャワー』しないと朝の勉強は意味が無い !? 「朝活前の必須」朝シャワーの効果とは?

早朝の風呂は逆効果

bath-1937412_640

「 じゃあ、朝風呂でも良くない? 

いえ、それは止めておきましょう。 早朝に重要なことは覚醒時の 交感神経 を優位にしてあげることです。

風呂のようにしっかりとカラダを温めてしまうと、体温の低下と共にリラックス時の神経である、 副交感神経 を優位にしてしまう ので、全くの逆効果となります。

自律神経のバランスを乱さないためにも、「朝は シャワー が基本」と覚えておきましょう。

3. 『睡眠の質』を高める

記憶力を良くするには 睡眠の質 を高めることも重要なポイントになります。

夜寝ようとしても「 なかなか寝つけない… 」「 夜中に目覚める … 」こんなことはありませんか?

情報は睡眠中の特に レム睡眠 中に定着しやすくなりますから、睡眠の質の低下は、記憶率が低下し、学習効率 を著しく低下させることを意味します。

勉強だけでなく、普段の仕事のクオリティーを高めるためにも是非、普段から睡眠の質を高める習慣を意識してみましょう。
>> 睡眠の質を高める方法のまとめ

まとめ

dragonfly-1729157_640

勉強は朝がいいのか?夜がいいのか?

最短で結果を出したいのであれば、夜は早めに休み、早起きしてバリバリ学習するほうが断然効率的です。

さらに朝一番であれば、家族も寝ていますし、誰も勉強を邪魔しないオマケつき。

こんな貴重な時間はありません。

成功者の多くが早起きを習慣にしている理由がなんとなくわかりますよね^^

是非アナタも早起き習慣を始めてみては?