アロマスプレーを手作りしているイメージ

最近、良く眠れていますか?

もし睡眠サイクルが乱れて、調子が下がり気味なら、シュッと一吹きするだけで、自然なリラックスが得られる手作りアロマスプレーに挑戦してみては?

今回は初心者でも ”たった5分で作れちゃう” 睡眠用アロマスプレーの作り方を画像つきで紹介していきます!

 

睡眠用のアロマスプレーに必要な材料

アロマスプレーの材料のイメージ
無水エタノールと、精製水はお近くの薬局で、スプレーボトルは100均(アルコール対応品)でも購入できちゃいます。

アロマスプレーといっても、作り方は超かんたん。アロマオイルを「無水エタノール」と「精製水」で混ぜるだけ

今回は最新のアロマ検定のテキストで掲載されている正式な方法でアロマスプレー(50ml)の作り方をご紹介していきますね!

 

  睡眠用アロマスプレー(50ml)に必要な材用

  精油(鎮静作用のあるもの) … 3~20滴
  無水エタノール ……………………. 5ml
  精製水  ………………………………… 45ml
  スプレーボトル
  計量カップ

 

1) 精油は「リラックス作用」のあるものを3種類まで
精油をブレンドする際には「リラックス作用」のある精油を3種類を限度にブレンドします。「覚醒作用」と「リラックス作用」のような ”全く異なる働き” のオイルを混ぜないように注意しましょう。

似た作用の精油をブレンドすることで科学的成分が混合し、より効果を高めることができます。ただ、慣れないうちから沢山の精油を混ぜ合わせ良い香りをつくるのは想像以上にむずかしいもの。まずは、ベースとなる1種類を決め、そこへ別の香り加えオリジナルのアロマスプレーを作ってみましょう。

『リラックス作用のある香り』は コチラ から全てチェックできます!

2)スプレーボトルは「ガラス製」を使用する
精油(特に柑橘系)はプラスチックを劣化させる性質があり、化学反応を起こす可能性があるので基本的には「ガラス製」のスプレーボトルがベスト。

3)「遮光性」のあるスプレーボトルを使用する
精油は熱や光に弱い(劣化する)ので、遮光容器を使用します。今回使用するブルーのボトルは見た目はきれいですが、茶色のほうが遮光性が高く劣化をお抑えることが出来ます。

4)「使い捨て」の場合は100均のスプレーボトルでもOK
100均でもアルコール対応のボトルが販売されていますから、1~2回だけ使用するならOKです。一方ガラス製は煮沸消毒で香りをリセットできるので何度も使いまわしが可能です。

ルームスプレーの作り方

① まずは計量カップに「無水エタノール」を5ml用意する
アロマスプレーを手作りしているイメージ
「無水エタノール”1”」に対し「精製水”9”」を目安に希釈します。多少の誤差は全く問題ありませんが、精製水が多すぎると劣化を早める原因となるので注意。

② そこへ「鎮静作用」のある精油を3~20滴加えよく混ぜる
アロマスプレーを手作りしているイメージ
アロマスプレーを手作りしているイメージ
アロマオイルは水(精製水)に溶けないので、この時点でしっかりと混ぜましょう。

③ 最後に「精製水」を45ml加え、さらにしっかり混ぜる
アロマスプレーを手作りしているイメージ
アロマスプレーを手作りしているイメージ
最悪、水道水でもOK。ただ、純粋な精製水のほうが劣化が抑えられます。1度作ったらすぐ使いきれるものでもありませんから、精製水がベストでしょう。

5分でスピード完成!!
アロマスプレーを手作りしているイメージ

簡単でしょ?

今回は精神のバランスを整える作用があるフレッシュな香り「メイチャン(10滴)」をベースにと深いリラックスをもたらす「ラベンダー(2滴)」、そして「オレンジスイート(5滴)」の3種類をMixしたオリジナルの安眠アロマプレーを作ってみました。

安眠できるのか、さっそく今夜試してみよう。

まとめ

布団のイメージ

いかがでしたか?

無印良品なら色々な香りを実際に試してみれますから、是非お気に入りの香りを見つけてみてくださいね!そして選ぶ際には必ず「鎮静作用」のあるものを選びましょう!

作るのが少し面倒な場合(またはもっと良い香りに出会いたい場合)は、 睡眠用のアロマスプレー とかもありますのでこういった商品をネットでチェックしてみるのも楽しいです。正直、自分でブレンドするよりも何倍も良い香りですし…。

まぁ、上の商品はプロが作ってるので当然なんですけどね。良い香りでテンション上がっちゃいますよ。

ではでは、最後まで読んで頂き、ほんとうにありがとうございました^^